札幌市清田区の税理士事務所です。税務・経営・建設業許可・相続・経営サポートまでトータルに承ります。

e-mail:t-yokoyama@taxyocco.com

  • TEL011-375-9910
  • 平日9:00-18:00
Menu

お知らせ

2020.11.3

【業務効率化】インターネットバンキングを活用しよう!!

 中小企業では、最近、業務効率化が大きな課題となっておりますが、
その第1歩としてお勧めなのが、インターネットバンキングです。

インターネットバンキングは、はじまってから約20年が経過しており、
「何を今さら」という感想をお持ちの方もおられると思います。
 しかし、私がお客様と接触している経験からすると、
まだ、その普及率は、全体の約2~3割ほどに留まっているという感想です。

 特に、この記事は、事業を運営している方に読んでほしい記事です。
何故かというと、インターネットバンキングを導入することによるメリットが
とても大きいからです。

メリット1.時間の節約


 インターネットバンキングを導入することによる、時間の節約は膨大です。
具体的に挙げると、
・事業所から銀行までの往復時間
・銀行窓口での待ち時間
 この2つの時間を合わせると、1回あたり2時間ちかくは、時間の節約が
できているのでは、ないでしょうか?
 特に、経理担当者がいなくて、経営者みずからが銀行での支払などに
時間を費やすのは、経営上ものすごくマイナスです。

メリット2.通帳のデータ化→経理作業の合理化


 2つ目のメリットは、通帳がデータ化されるということです。
これは、直接経理業務を行うことがない経営者の方に、特に聞いていただきたい話です。
従来の、紙方式の通帳では、経理の合理化は、かなり難しいです。
ーーー
それは、1行ごとの取引を、その都度会計ソフトに、
日付、金額、摘要、取引先、勘定科目を手入力して、
入力画面を閉じ、残高などを確認する画面を開いて、
その画面を見ながら、入力したものが正しいかどうかを確認する。
ーーー
このような作業を、行っていかなければ、
会社の経理が完成しないのです。

これが、インターネットバンキングであれば、
ネット上のデータ(ExcelデータやCSVなどのいわゆるテキストデータ)を
ダウンロードして、これを会計ソフトに取り込んでしまえば、
たとえば、1日かかっていた仕事が15分くらいで終わってしまいます。

今は、クラウド会計に限らず、弥生会計や会計王などの
従来のインストール型ソフトでも、データの取り込みができます。
通帳データばかりではなく、クレジットのデータ、給与ソフトのデータも、
取り込みができます。

もし、方法がわからなければ、当事務所までお問い合わせください。

メリット3.通帳や印鑑の紛失・盗難のリスクが無くなる


 将来的には、通帳そのものや通帳印という概念もなくなる可能性が
ありますが、今、インターネットバンキングにしておくと、
モノの紛失のリスクも減ります。

でも、インターネットそのものが安全じゃないよね。

その意見もわかります。
しかし、インターネット外の通帳をお金を蓄積する用にして、
まめに、資金移動をして、
支払日近くのみ、インターネットバンキングにお金を移動するなどの
工夫をするなど、解決方法は多々あると思います。

また、地域の銀行より、ネット先行の銀行のほうが、
送金手数料も半分くらい安いです。

中小企業は、少数精鋭で運営しなければ、
利益を出すことは、難しいと思いますので、
ぜひ、効率化の第一歩として、
インターネットバンキングの導入を検討してください。

お問い合わせ

ご不明な点や、ご相談等、お気軽にお問い合わせください。
お電話、お問い合わせフォーム、LINE@で受付けております。