札幌市の税理士事務所です。税務・経営・建設業許可・相続・経営サポートまでトータルに承ります。

  • TEL011-375-9910
  • 平日9:00-18:00
Menu

よくあるご質問

月次決算はどのようなものですか。
会社の現状を知ってもらい、近い将来に活かすため、主に変動損益計算書を使って、会社の業績を説明します。また、経理のレベルが上がってくると、経理担当者に指導して、あらかじめ減価償却費を計上してもらったり、前払いの保険料があるときには、適切に月々の費用に配分するよう指導して正しい業績が把握できるようなシステムに構築していきます。また、変動損益計算書を使うと、経営者様が「売り上げが足りないのか」「適切な粗利益をお客様に請求していないのか」「人件費が、同業他社と比較して、かかりすぎているのか」などの問題点が見えてきますので、より深く、より適切なアドバイスをさせていただくことが可能となりますので、当事務所と関われて良かったと思っていただけるものと確信しております。
税理士さんが訪問してくれますか。
ほぼ全件、税理士が担当しております。ただ、経理代行の場合の資料のやり取りのみの場合や、作業のみの場合は、当事務所のパートさんに対応していただいております。
節税や資金調達、設備投資など重要な意思決定を必要とするときは、当然税理士が対応し有効なアドバイスをさせていただきます。
融資の相談はできますか。
顧問契約の業務の一環であると考えておりますので、融資の相談は当然にいたします。
当事務所は、地元の金融機関である北洋銀行や、道内各信用金庫ならびに日本政策金融公庫へのご紹介や融資申し込みのお手伝いもさせていただいておりますので、お気軽に声かけしていただくと幸いです。
また、「中小企業の会計に関する基本要領」を活用することにより、金融機関からの評価を高める方策をしております。
経理担当者の簿記知識はどの程度必要ですか。
現金が増えた場合に、左側(借方)にくるのか、右側(貸方)にくるのかというくらいの知識を取得していただけると、業務がすすめやすくなります。ただ、全く知識のない方でも、最低限必要な知識はお教えしますので、ご安心ください。経理業務をすすめるうえで、EXCELの知識を習得していただくと、経理業務は大幅な時間短縮ができますので、お勧めです。
自計化(自社で経理を済ませること)を行うタイミングは?
本来は創業と同時に自計化は必要です。経理は税務署や金融機関のためではなく、経営者自身が近い将来の見通しをハッキリさせるために行なっているからです。以前は、社長の勘が、経理で出す数字より正しいということがあったのですが、法律や世の中の仕組みがこれだけ複雑になると、“勘に頼る経営”というのが最も危険な方法です。したがって、創業と同時に経理システムを確立して、正しい業績を把握することが、会社経営にとって最も重要な要素となっているのです。しかし、経営者が忙しく、人材確保もままならず、どうして良いかわからないような状態になっているのであれば、一緒に経理合理化のお手伝いをさせていただきます。
創業したばかりですが、会計ソフトは必要ですか。
小さな事業者といえども、経営者自身が現状を把握し、少しでも業績向上及び経費削減に取り組むことが、健全な経営を継続するうえで、重要な要素となっておりますので、創業当初より会計ソフトを導入するのは、必須です。量販店で、会計ソフトの値段をみると、「お金を稼がないソフトなのに高いな。」と思われがちですが、有効に活用すると、その何十倍~何百倍の価値を実感できるはずです。
税理士と会計ソフトを有効に活用していただき、お金や時間を大きく稼いでいただけるものと、確信しております。
帳簿をつけてもらえますか。
帳簿は、基本的には、正確な業績把握と正しい経営判断を行っていただくために、お客様が記帳するものと考えております。ただし、帳簿を担当すべき奥様がご病気で、どうしても家業のお手伝いができない、創業当初で営業活動を行うのが精一杯で、経理まで手が回らない等の特殊事情があれば、当事務所に相談していただければ、解決に向けての提案をさせていただいております。
お勧めの会計ソフトはありますか。
当事務所では、TACTICS財務(全国税理士データ通信協同組合連合会)を推奨しております。
理由は、
  • お客様と会計事務所間でデータ中継サーバを活用し、データのやりとりができ、距離や時間に関係なく、処理が早い。
  • クラウド会計ではないので、業績の確認や修正がすばやくできる。
  • インポートやエクスポートが簡単にできるので、EXELデータやネットバンキングの取り込みが可能
  • コピー機能や辞書機能などにより、過去データを見て、すばやく経理処理ができる。
  • 等、かなりの時間の短縮をはかることができます。
また、お客様が弥生会計や会計王、勘定奉行、財務大臣、TKC等を使われていても、それぞれのソフトの良さを活かし、柔軟に対応しております。
会社設立登記は依頼できますか。
当事務所の提携司法書士が行います。また、当事務所は行政書士資格もあります。会社設立にあたっては、資本金の額や株主構成など、税理士としての視点と、行政書士の視点でアドバイスさせていただいておりますので、単純に会社設立するよりも、有利に働く場合が非常に多くあります。その違いを、確かめていただければ幸いです。
3ヶ月に1度や決算時のみの依頼はできますか。
毎月のご訪問を原則としておりますが、事業規模やご要望により承っております。 料金表は毎月訪問を前提としておりますので、別途お見積りさせていただきます。無料相談窓口をご利用ください。決算時のみの場合は、決算・節税及び黒字化対策サービスはご利用できませんので予めご了承ください。
税務調査に立ち会ってもらえますか。
当事務所で作成しました申告書に関する税務調査については、立ち会いをいたします。当事務所では、税務代理権限証書を申告書に添付しておりますので、通常の税務調査の依頼は税理士を通して行われ、直接お客様へ税務署から連絡が来ることはございません。
助成金の相談はできますか。
行政書士の業務として、承っております。助成金は返還不要のため、企業にとっては大変有用ですが、助成金の対象であることを知らずに 申請のタイミングを逃してしまう場合も少なくありません。無料相談窓口よりご相談ください。
対応可能な地域を教えてください。
インターネット等によるデータの受け渡しや電子申告等を活用し、全国対応可能です。
また、毎月訪問が可能な地域は、札幌市(札幌市清田区、札幌市豊平区、札幌市厚別区、札幌市白石区、札幌市南区、札幌市中央区、札幌市東区、札幌市北区、札幌市西区、札幌市手稲区)、北広島市、恵庭市、千歳市、江別市、苫小牧市、石狩市南部、小樽市、岩見沢市等です。近郊地域はご相談ください。
お問い合わせ

ご不明な点や、ご相談等、お気軽にお問い合わせください。
お電話、お問い合わせフォーム、LINE@で受付けております。